【医学部予備校メディック予備校】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!

メディック学院_アイキャッチ
今月のおすすめ予備校はこちら!
武田塾医進館【逆転合格続出!】

あえて授業をしない超効率的な勉強法で注目の医学部予備校!受験の悩みを無料で聞いてもらえる、無料受験相談実施中!

武田塾医進館バナー

医学部予備校メディック予備校の基本情報

メディック予備校は大阪の天王寺にある、高等進学塾グループの高卒生向け医学部進学専門予備校です。校舎はJR天王寺駅から大通り沿いに徒歩2分の立地にあり、近畿地方の医学部にとどまらず、全国の医学部に合格実績があります。

 

医学部受験専門の優秀な講師陣の存在はもちろん、自習をサポートするスタッフも配置し、授業だけでなく自習までも指導に含めていることが大きな特徴です。こうした徹底的な学科の指導の他、医学部受験に不可欠な論文等の対策も充実しています。

 

種別 予備校
指導形式 個別、少人数
学費 入学金 100,000円
授業料:700,000円(精鋭コース)
授業料:4,993,400円(国公立・私立コース)
諸経費:200,000円(国公立・私立コース)
個別指導料:9,000~15,000円
チュートリアルクラス指導料:4,500~7,500円
校舎 大阪(天王寺)
メリット 寮完備、自習室完備、特待制度
公式サイト メディック予備校

 

また、メディック予備校と同様のメリットがある予備校について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

寮完備 寮完備でサポート充実の医学部受験予備校
自習室完備 準備中
特待制度 特待制度がある医学部予備校一覧

医学部予備校メディック予備校の特徴

学習の基本3ステップを独自システムでサポート

メディック予備校では、授業による内容の「理解」、宿題による理解の「定着」、テストによる「確認」の3ステップによる学習を王道ととらえ、このプロセスでの学習を指導しています。

 

確立したシステムとは言え、形式化した運用のみにこだわるのではなく、担任や各教科担当が各個人の理解度を確認し、各人に適切な学習計画を随時練っていきます。

 

理解 高等進学塾グループのノウハウを生かし、精鋭講師が全てを深く理解できる授業を行います。
定着 理解した内容を定着させるため、宿題の学習にも専任スタッフをつけて指導します。質問を受ける教科担当教務もいる万全の支援体制です。
確認 確認するためには、毎時間行われるテストと、より大きなスパンで理解度を測る模試が利用されます。

医学部合格を目指す3つのコース

国公立医学部精鋭コース(Eコース)

全国の国公立医学部および難関私立大学を目標とするコースです。二次試験を見据え、あらゆる問題に対応できる思考力の育成を目指します。

 

コース入学の認定基準は、前年度7月からの模試成績を採用します。浪人の年数によって基準は異なりますが、記述模試で総合偏差値64以上またはマーク模試で総合偏差値66以上などの成績を収めていることが要件となります。

国公立私立医学部選抜コース(国私コース)

私立大学医学部への確実な合格を主目的としつつ、国公立医学部への対策も必要に応じて盛り込むコースです。一般クラスと、関西の私大を主とする上位私大を目指すXコースに分かれます。

 

認定基準は、模試成績やメディックの認定テスト(英・数・理)の結果などによります。一般クラスは記述模試で総合偏差値58以上か、私立大学医学科一般入試試験の1次合格者、認定テストの合格者です。一方のXコースは、模試成績のみで判定されます。

私立医学部コース(私立コース)

このコースは私大医学部合格を目的とし、欠けている基礎から補っていくコースです。認定基準は特に設けていませんが、授業は偏差値50程度の方を想定して進行します。

 

本コースでは、知識の補完と入試で解答できる思考力の育成を行います。前期は高校の教科書レベルの内容を理解して記憶します。そして後期には私大医学部向けの演習を繰り返し解き、受験に耐えうる実力を養成していきます。

少人数クラスで生徒の理解度をチェック

メディック予備校は少人数制の予備校です。1クラスの人数は国公立コース(Eコース)で最大28人、国私コースと私立コースは7~10人となっています。

 

メディックの授業は、理解しているか確認するため、講師が頻繁に生徒に質問するのが特徴です。1クラスの人数が少ないため、授業中に何度も答える必要があります。

 

授業への集中と真剣な取り組みが必須の環境で、より学習が深まります。生徒から講師に質問することもでき、授業中に必要な理解に到達しやすい仕組みです。

映像聴講によるフォロー

メディック予備校では、主なクラスの授業は録画されています。iPadを利用した学習支援の一環として、受講している授業の映像はいつでも視聴できるようになっているため、復習や確認に活用できます。

 

また、参加型の授業形式で全ての授業への出席が大前提ではあるものの、やむを得ない事情で欠席してしまうこともあるでしょう。そのようなときには、録画された授業を聴講し、授業内容を確認することができます。

面接対策や小論文指導も万全

医学部入試の大きな関門である面接や小論文にも、十分な対策が用意されています。各人の志望先や個性、調査書の内容を踏まえ、それぞれに合わせた指導を行います。

 

面接対策としては模擬面接による指導がありますが、講師からの指導やフィードバックに加えて、模擬面接の録画を見せて客観的に自分の言動を省察させます。

 

小論文指導は、一年をかけて指導を行います。小論文の書き方から知識のインプット、演習と添削を地道に繰り返し、医学部受験に通用する小論文が書ける実力をつけていきます。

弱点を潰す「Weak Point Map」

メディック予備校には、弱点を分かりやすく可視化する「Weak Point Map」というものがあります。

 

このマップは、母体である高等進学塾グループが開発した「トリアージ・テスト」(特殊形式演習)と「Tour de MEDiC」(センター数学対策演習)という2種の演習を受講した結果として、明らかになった弱点をまとめたものです。

 

メディックの中で対象者となる生徒に対し、週に数回実施されます。

専用の学習机とロッカーなど自習に最適な環境

メディックの生徒は、全員が校内に専用自習机と個人ロッカーが割り当てられます。授業と同様に受験勉強の要である自習時間をサポートするためです。Eコース以外の生徒は、授業時間外にも一定の自習拘束時間が定められ、確実に学習を進められるカリキュラムとなっています。

 

また休憩時にはカフェスペースが利用でき、フリー・ドリンクも用意されています。冷蔵庫や電子レンジ、希望者には弁当の注文配達もあり、勉強以外での負担はごく軽く済むよう配慮されています。

教務担任制度や常時質問可能なサポート体制

メディック予備校の強味の一つが、指導の重要な一画として教務スタッフに講義を担当できるほどの人材を登用していることです。

 

生徒ごとにつく教務担任はこの教務スタッフが務め、授業以外の学習指導業務を受け持ちます。学習メニューの提案・管理や自習・演習のサポート、志望校選びの相談等はもちろん、生徒の精神的なサポートも行います。

 

教務スタッフはまた、授業時間外の質問対応も行い、特に自習時間にはいつでも質問受けが出来る体制を整えています。

医学部予備校メディック予備校の合格実績

メディック予備校の2018年度の医学部合格実績は以下の通りです。

 

岩手医科大学、埼玉医科大学、獨協医科大学、国際医療福祉大学、東京医科大学、東京女子医科大学、日本医科大学、日本大学、北里大学、東海大学、金沢医科大学、愛知医科大学、藤田医科大学、大阪医科大学、関西医科大学、近畿大学、兵庫医科大学、川崎医科大学、福岡大学、久留米大学、大阪大学、神戸大学、滋賀医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、岡山大学、徳島大学、高知大学、大分大学

医学部予備校メディック予備校の学費、料金

メディック予備校の学費、料金はコース別に下記の通りとなっています。

国公立医学部精鋭コース(Eコース)

年間受講料 700,000円
諸経費 0円
季節講習 夏期講習込み

国公立私立医学部選抜コース(国私コース)

年間受講料 4,993,400円
諸経費 200,000円
季節講習 夏期講習、冬期講習込み

私立医学部コース(私立コース)

年間受講料 4,993,400円
諸経費 200,000円
季節講習 夏期講習、冬期講習込み

 

メディック予備校の学費は、一番低額の国公立医学部精鋭コース(Eコース)が70万円で、このコースは医学部受験予備校の中では際立って安いと言えます。模試で良い成績を修めた受験生は、Eコースへの入学を目指すことで学費を抑えることができます。

 

国私コースと私立コースは諸経費込みでの総額を計算すると約520万円となり、逆に平均よりも相当高額になります。ただし、Eコースは1クラスの定員数が多いことや、またEコースの受講料には冬期講習や自習拘束を含まないことにはご留意ください。

 

また、そのほかの大阪にある医学部予備校について知りたい方は、「【大阪】医学部予備校おすすめ36選!評判や口コミが良いのはどこ?」を参考にしてください。

大阪医学部予備校アイキャッチ
【大阪】医学部予備校おすすめ36選!評判や口コミが良いのはどこ?
2019-11-07 15:08
大阪の医学部予備校事情 近年では各大学の医学部で学費が引き下げられる傾向にあるため、医学部受験を検討する方が増加しています。近畿地方の中でも特に多くの医学部を抱えている大阪府では、...

 

さらに、他のおすすめの医学部予備校を知りたいという方は、「【医学部予備校おすすめ人気ランキング】合格するための予備校の選び方」も参考にしてください。

医学部の推薦入試対策を実施しているおすすめの予備校_アイキャッチ
医学部の推薦入試対策を実施しているおすすめの予備校
2019-11-07 17:51
医学部の推薦入試の種類 狭き門と言われる医学部への入学を果たすには、いくつかの選抜方法をうまく利用して受験することも重要となってきます。 そして医学部を持つ大学の中には、一般入試...

 

医学部予備校を探す
個別指導 少人数指導 家庭教師
学費安い オンライン 映像授業
推薦対策 再受験対策 編入対策
特待制度 体験授業 合格保証
寮完備

医学部予備校メディック予備校の口コミや評判

当サイトではメディック予備校の口コミや評判を大募集しています。お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

口コミを投稿する
コメントを残す

                   

おすすめ記事

  • ロゴス/カルテット_アイキャッチ
    【医学部予備校ロゴス/カルテット】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • レクサス教育センター_アイキャッチ
    【医学部予備校レクサス教育センター】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • リニア_アイキャッチ
    【医学部専門予備校リニア】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • 四谷メディカル_アイキャッチ
    【医学部予備校四谷メディカル】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • 池袋理数セミナー_アイキャッチ
    【医学部予備校池袋理数セミナー】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • 医学部予備校YMS_アイキャッチ
    【医学部予備校YMS】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!