【代官山メディカル】学費や授業料金は高い?年間でかかる費用・値段はいくらか紹介!

代官山メディカル学費授業料_アイキャッチ
武田塾医進館

決まったカリキュラムではなく、生徒個人のレベルに合わせ自分で学習する習慣を身につけられる当サイトでもイチオシの医学部予備校。偏差値40の生徒でも医学部に合格可能で、毎年逆転合格する生徒を多数輩出しています。

メディカルラボ

予備校のようなライブ講義を個別で受けることが可能という珍しい特徴を持った予備校です。「講義→演習→講義」というサイクルでわからない部分を徹底指導してくれます。

メルリックス学院

私立医学部の受験に強いメルリックス学院。私立医学部の合格に的を絞った指導ノウハウを元に、生徒ごとの志望やレベルに最適なカリキュラムを作成してくれる医学部予備校です。

医学部予備校代官山メディカルの年間学費はいくら?

代官山メディカルは、1クラス9名程度の少人数制授業と、1日12時間に及ぶ徹底指導によって1年での志望校合格を目指す医学部予備校です。

 

生徒の学力を14段階に分けて科目別に指導を行うことで、一人ひとりの学力レベルに合わせた学習をすることが可能となっています。

 

代官山メディカルの年間学費は、既卒生か現役生かや、所属するコースによって異なります。既卒生はコースによって授業料が200〜590万円、現役生は1クラス23,500円であり、実際の学費は受講するコマ数によっても変わってきます。

 

学年 年間学費
既卒生(浪人生) 200〜590万円
現役生 授業料は1クラス23,500円

>>合格まで最短ルートを行きたいあなたにおすすめの予備校<<

医学部予備校代官山メディカルの授業料金!コース別の値段

以下では、代官山メディカルを利用する場合の既卒生と現役生の学費の違いや、コース別に必要となる学費、費用の内訳などを解説します。

既卒生

代官山メディカルの既卒生の学費は、各コース(M・A・B・Mz・Dp)によって大きく異なります。

 

コース名 偏差値 定員数 年間学費合計
M:私立医学部選抜マスターコース 56以上 9名前後 240万円
A:私立医学部基礎貫徹アドバンスコース 9名前後 290万円
B:私立医学部基礎貫徹ベイシックコース 9名前後 390万円
MZ:私立・国立医学部(特進)コース 65以上 9名前後 200万円
DP:完全1対1マンツーマンコース 590万円

M:私立医学部選抜マスターコース

私立医学部選抜マスターコースは、難関私立大学の医学部合格を目標とし、集中的に演習を行うコースです。

 

大量の演習を行うことで、2次試験で合格するための実力を身につけることができます。少人数授業と夜間の復習指導を繰り返すので、確実に学力が定着します。

 

本コースの対象となるのは、「代官山メディカルの選抜試験に合格する」「全国模擬試験の偏差値が56以上である」「前年度に医学部入試で一次試験に合格している」のいずれかの条件を満たす生徒です。

A:私立医学部基礎貫徹アドバンスコース

私立医学部基礎貫徹アドバンスコースは、偏差値40台からでも1年間で医学部合格を目指すことができるコースです。中学校で学ぶレベルの基礎的なことからきちんと学習できるので、学力に自信のない方や苦手分野を持つ方でも安心して受講できます。

 

生徒の学力によってクラス分けが行われ、得意科目は上位のクラス、苦手科目は下位のクラスで自分に合った学習が可能です。私立医学部基礎貫徹アドバンスコースでは入学の条件や選抜試験はなく、定員になるまでに申し込めば参加できます。

B:私立医学部基礎貫徹ベイシックコース

私立医学部基礎貫徹ベイシックコースは、偏差値30台から医学部に合格を果たしたい方に向けたコースです。中学レベルの基礎ができていなくても、1年で医学部に合格できるだけの学力をつけることができます。

 

ノートの取り方や暗記の仕方といった勉強の基本から指導が行われるため、学習がまったくできないという方でも受講が可能です。少人数授業のほかに、年間100時間のマンツーマン指導が用意されているので、苦手分野も解消できます。

MZ:私立・国立医学部(特進)コース

私立・国立医学部(特進)コースは、1年間で最難関大学の医学部への合格を目指したい生徒に向けたコースです。カリキュラムや教材の内容は国公立の難関大学を目標としているので、国公立医学部を目指す生徒にも適しています。

 

トップレベルの少人数制授業を行うことで、医学部の二次試験で重要となる記述力を伸ばすことができます。また、共通テスト対策もオリジナルのカリキュラムとなっており、共通テストで90%以上得点できる学力をつけます。

DP:完全1対1マンツーマンコース

完全1対1マンツーマンコースは、集団授業になじめない、ついていけない生徒に向けたコースです。講師と生徒が1対1という完全マンツーマンの体制で学習するので、一人ひとりの生徒が自分に合った学習をすることができます。

 

講師の変更も可能で、相性の良い講師の指導が受けられます。またカリキュラムやテキストも、生徒ごとの学習進度に合わせたものとなります。最適なペースで学習を進めながら、1年間での医学部合格を目指すことができます。

現役生

代官山メディカルの現役生の学費は、以下のような各コースで一律となっています。

 

高校3年生東大・国公立医学部クラス
高校3年生私立医学部選抜クラス
高校3年生私立医学部基礎貫徹クラス
高校2年生医学部受験科クラス
高校1年生医学部受験科クラス
中学部医学部進学コース
高校3年生私立歯学部特訓コース
高校3年生私立獣医学部特訓コース
完全1対1マンツーマンコース(全学年)

 

現役生の学費は以下の通りです。

 

学費名 金額
入学金 38,000円
クラス授業料 23,500円(1講座80分×4回、テキスト代別途)
マンツーマンコース授業料 10,000円(1時間あたり)

医学部予備校代官山メディカルの細かい費用内訳

代官山メディカルの学費は、入学金や教材費など、入学して指導を受けるために必要となるさまざまな費用を合計したものとなっています。ここでは、代官山メディカルの細かい費用の内訳がどうなっているか見ていきましょう。

入学金

入学金は、代官山メディカルに入学する際に必要となる費用です。入学にあたって支払う費用であるため、2回以上にわたって支払うようなことはありません。入学金の金額は5つのコースで同じであり、一律200,000円です。

教材費

教材費は、代官山メディカルの授業で用いられるテキストの費用やウィークリーテストの費用、模試の費用などを合わせたものです。M、A、B、MZの4コースでは170,000円で、DPコースでは190,000円となります。

施設費

施設費は、代官山メディカルの教室や自習室といった施設や設備を利用するためにかかる費用です。施設費はM、A、B、MZの4コースでは140,000円となっていますが、DPコースでは240,000円がかかります。

個別カリキュラム作成初期費用

個別カリキュラム作成初期費用は、代官山メディカルを利用するにあたって自分に合ったカリキュラムを組んでもらうための費用です。M、A、Bの3コースでは540,000円、MZコースでは490,000円、DPコースでは750,000円がかかります。

年間授業料

年間授業料は、代官山メディカルで1年間授業を受けるために必要となる料金のことです。Mコースは1,150,000円、Aコースは1,450,000円、Bコースは2450,000円、MZコースは800,000円、DPコースでは4,520,000円となります。

夜間個別学習指導

夜間個別学習指導は、授業以外に夜間の復習指導を受けるためにかかる費用となります。夜間個別学習指導はMコースとMZコースが200,000円、AコースとBコースが400,000円となっており、DPコースには夜間個別学習指導はありません。

医学部予備校代官山メディカルの料金や値段は他予備校と比較して高い?

それでは、代官山メディカルの費用は、他の予備校と比較して高いのでしょうか?安いのでしょうか?

 

いくつかの予備校同士でかかる年間費用を比較してみると、料金相場はおよそ以下のようになります。

 

予備校名 予備校種別 年間費用
代官山メディカル 医学部専門 200〜590万円
武田塾医進館 医学部専門 140〜326万円
メディカルラボ 医学部専門 500〜600万円
富士学院 医学部専門 400万円

 

このように代官山メディカルは、他の予備校と比較するとやや安めの料金設定になっていることがわかります。特進コースを狙うなどすることで、年間の出費を抑えることが可能です。

また、代官山メディカルの特徴や口コミ、料金、合格実績などについてさらに詳しく知りたい方は、「【代官山メディカル】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!」を参考にしてください。

 

また表を見ると、医学部受験専門の予備校で学費が安いのは、武田塾医進館であることがわかります。気になる方は、気軽に問い合わせて見ましょう。

武田塾医進館無料受験相談、受付中!
  • 料金はどのくらいかかるのか気になる
  • 成績アップに繋がる勉強法を知りたい!
  • 自分におすすめなコースはどれ?

気になる料金、コース、勉強方法などは
実際に塾に聞いてみることですぐに解決します!
まずは気軽に無料受験相談、無料資料請求してみましょう!

また、武田塾医進館の特徴や口コミ、料金、合格実績などについてさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾医進館】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!」を参考にしてください。

 

さらに、学費が安い医学部受験予備校を知りたい方は「学費の安い医学部受験予備校」も参考にしてください。

学費の安い医学部受験予備校
学費の安い医学部受験予備校
2019-12-15 21:37
医学部予備校の学費はどのくらい? 医学部を目指すにあたっては、多くの方が医学部予備校を利用して受験対策をすることになります。その場合にどうしても気になるのが、医学部予備校を利用する...
医学部予備校を探す
個別指導 少人数指導 家庭教師
学費安い オンライン 映像授業
私立医学部 国立医学部 浪人生
推薦対策 再受験対策 編入対策
体験授業 特待制度 合格保証
口コミ評判 寮完備 中学生
口コミを投稿する
コメントを残す

                   

おすすめ記事

  • YMS学費授業料_アイキャッチ
    YMSの学費はいくら?料金・費用は安いのか他の医学部予備校と比較!
  • インテグラ学費授業料_アイキャッチ
    インテグラの学費はいくら?料金・費用は安いのか他の医学部予備校と比較!
  • 久留米ゼミナール学費授業料_アイキャッチ
    【久留米ゼミナール】学費や授業料金は高い?年間でかかる費用・値段はいくらか紹介!
  • 代官山メディカル学費授業料_アイキャッチ
    【代官山メディカル】学費や授業料金は高い?年間でかかる費用・値段はいくらか紹介!
  • メルリックス学院学費授業料_アイキャッチ
    【メルリックス学院】学費や授業料金は高い?年間でかかる費用・値段はいくらか紹介!
  • プロメディカス学費授業料_アイキャッチ
    【プロメディカス】学費や授業料金は高い?年間でかかる費用・値段はいくらか紹介!