医学部予備校富士学院の学費や授業料金|浪人にかかる費用は高い?

富士学院学費授業料_アイキャッチ
武田塾医進館

決まったカリキュラムではなく、生徒個人のレベルに合わせ自分で学習する習慣を身につけられる当サイトでもイチオシの医学部予備校。偏差値40の生徒でも医学部に合格可能で、毎年逆転合格する生徒を多数輩出しています。

メディカルラボ

予備校のようなライブ講義を個別で受けることが可能という珍しい特徴を持った予備校です。「講義→演習→講義」というサイクルでわからない部分を徹底指導してくれます。

メルリックス学院

私立医学部の受験に強いメルリックス学院。私立医学部の合格に的を絞った指導ノウハウを元に、生徒ごとの志望やレベルに最適なカリキュラムを作成してくれる医学部予備校です。

医学部予備校富士学院の入学金や教材費

個別指導または少人数指導で医学部合格者を多数輩出している富士学院では、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。富士学院には志望大学に合わせていくつかのコースが用意されていますが、まずは入学金と教材費がかかります。

 

学費名 料金
入学金 200,000円
教材費 200,000円

 

富士学院の入学金は、200,000円です。医学部予備校の入塾金は10〜20万円程度に設定されているところが多いので、入学金だけで見ると平均やや高めに設定されています。

 

また教材費は、年間で200,000円です。医学部受験対策をするための専用のテキストを用いるのに、このくらいの値段がかかるということです。なおこれは各コースで共通の価格設定であり、金額の中には年間の模試代が含まれています。

>>合格まで最短ルートを行きたいあなたにおすすめの予備校<<

医学部予備校富士学院の年間学費や個別指導授業料金

年間学費

富士学院に通うのにかかる年間学費は、志望校や選択するコースによって下記のように設定されています。

 

コース名 料金
国公立医学部コース 1,250,000円
私立医学部コース 2,995,000円
国公立・私立併願コース 3,415,000円

 

つまり国公立医学部に志望校を絞って受験する生徒は、年間の学費が125万円で済みます。これは年間学費が300〜400万円以上かかるところも多い医学部予備校の中では、かなり破格と言えます。

 

また私立医学部に志望校を絞って受験する生徒は、年間の学費が300万円弱になります。国公立コースと比較すると学費は倍以上の金額にはなりますが、それでも相場よりは低く抑えられている言えます。

 

一方で国公立と私立を併願するコースでは、年間340万円強と学費は高めになります。しかし、その分きめ細やかな指導やさまざまな科目の講義を多く受けることができ、また国公立大学に落ちてしまったときのリスクヘッジにもなることを考えれば、ある程度良識的な値段と言えます。

個別指導授業料金

富士学院では、年間学費のほかにも追加で個別指導授業を希望する場合には、別途費用を支払うことで受講することができます。自分が伸ばしたい科目や苦手な分野に合わせて、受講を検討してみても良いでしょう。

 

個人指導コース 料金
70分1コマ 12,600円
100分1コマ 18,000円

 

70分1コマまたは100分1コマの授業で、料金はそれぞれ12,600円と18,000円です。決して安い金額ではありませんが、この金額である特定の分野を強化して医学部合格に一歩近づけると考えれば、ご自身の状況に合わせていくつか受講してみるのも一つの選択肢でしょう。

医学部予備校富士学院の季節講習費用(夏期講習・冬期講習受講料)

浪人生の場合

夏期講習

浪人生の場合、夏期講習費用は2週間で165,000円がかかります。なお受講内容はすでに年間受講スケジュールに組み込まれているので、それ通りに受講することとなります。こちらは自由参加になりますので、不要な方は受講しないことも可能です。

冬期講習

浪人生の場合、冬期講習費用はすでに年間スケジュールに組み込まれています。つまり、別途料金が発生することなく無料で受講することが可能です。

高校生の場合

夏期講習

高校生の場合、夏期講習にかかる金額は不明となっています。富士学院校舎に直接問い合わせて聞いてみましょう。

冬期講習

受講コマ数 料金
70分1コマ 12,600円
100分1コマ 18,000円

 

高校生の場合、冬期講習には上表の料金が別途必要です。つまり冬期講習にかかる費用は、通常の個別指導料金と同額であることがわかります。

医学部予備校富士学院の学費は他予備校と比較して高い?

ここまで富士学院の学費を説明してきましたが、他の医学部予備校と比較して料金は高いのでしょうか?

 

最も多くの受験生が所属するであろう「国公立・私立併願コース」の年間学費は340万円強です。ここに入学金と教材費の合計40万円、季節講習費用やオプションの個別指導授業料金がかかると、富士学院の年間学費総額は年間400万円を超えるくらいになるでしょう。

 

他の医学部予備校を見てみると、年間学費が400万円前後のところが多いです。つまり医学部予備校の中で比較すると、富士学院の学費は平均的と言えます。

 

実際にいくつかの医学部予備校と一般予備校との料金比較をしてみると、以下のようになります。

 

予備校名 予備校種別 年間費用
武田塾医進館 医学部専門 140万円〜326万円
メディカルラボ 医学部専門 500〜600万円
富士学院 医学部専門 400万円
京都医塾 医学部専門 638万円
高松予備校 一般 206万円

 

このように富士学院は、医学部への合格実績をこれだけ多く残しているにもかかわらず学費が平均的なので、医学部を目指すのに通う予備校候補として検討しておいて損はないでしょう。

また、富士学院の特徴や口コミ、料金、合格実績などについてさらに詳しく知りたい方は、「【富士学院】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!」を参考にしてください。

 

なお、医学部受験専門の対策ができて学費もそこまで高くない予備校を探している方は、武田塾医進館を検討してみましょう。

武田塾医進館無料受験相談、受付中!
  • 料金はどのくらいかかるのか気になる
  • 成績アップに繋がる勉強法を知りたい!
  • 自分におすすめなコースはどれ?

気になる料金、コース、勉強方法などは
実際に塾に聞いてみることですぐに解決します!
まずは気軽に無料受験相談、無料資料請求してみましょう!

また、武田塾医進館の特徴や口コミ、料金、合格実績などについてさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾医進館】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!」を参考にしてください。

 

また、学費が安い医学部受験予備校を知りたい方は「学費の安い医学部受験予備校」も参考にしてください。

学費の安い医学部受験予備校
学費の安い医学部受験予備校
2019-12-15 21:37
医学部予備校の学費はどのくらい? 医学部を目指すにあたっては、多くの方が医学部予備校を利用して受験対策をすることになります。その場合にどうしても気になるのが、医学部予備校を利用する...

 

医学部予備校を探す
個別指導 少人数指導 家庭教師
学費安い オンライン 映像授業
私立医学部 国立医学部 浪人生
推薦対策 再受験対策 編入対策
体験授業 特待制度 合格保証
口コミ評判 寮完備 中学生
口コミを投稿する
コメントを残す

                   

おすすめ記事

  • 【MEDUCATE】学費や授業料金!年間費用やかかる値段は高い?
    【MEDUCATE】学費や授業料金!年間費用やかかる値段は高い?
  • 【武田塾医進館】学費や授業料金|年間費用やかかる値段を抑える割引制度はある?
    【武田塾医進館】学費や授業料金|年間費用やかかる値段を抑える割引制度はある?
  • 【京都中央ゼミナール】学費や授業料金|年間費用やかかる値段を抑える割引制度はある?
    【京都中央ゼミナール】学費や授業料金|年間費用や値段は高い?
  • アガルートメディカル_アイキャッチ
    【通信制医学部予備校アガルートメディカル】特徴/口コミ/評判、学費料金/合格実績!再受験に強い?
  • 鉄医塾_アイキャッチ
    【医学部予備校鉄医塾】特徴/口コミ/評判、学費料金/合格実績をチェック!
  • ポラリスアカデミア_アイキャッチ
    【ポラリスアカデミア】特徴/口コミ/評判、学費料金/合格実績をチェック!