【東進】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!

東進_アイキャッチ
今月のおすすめ予備校はこちら!
武田塾医進館【逆転合格続出!】

あえて授業をしない超効率的な勉強法で注目の医学部予備校!受験の悩みを無料で聞いてもらえる、無料受験相談実施中!

武田塾医進館バナー

東進の基本情報

東進は東京大学や医学部を始め、多くの難関大学に対する圧倒的な合格力を誇る大学受験予備校です。

 

メディアでも有名な林修氏を始め、入試を知り尽くしている最強の実力講師陣がいるほか、独自の英単語学習アプリやAIによる最適な学習計画作成といった、ITを駆使した学習システムが特徴です。

 

また生徒のやる気を引き出すため、生徒と担任の面談に加えて生徒同士のミーティングを開催し、互いに切磋琢磨することでやる気を高めています。

 

東進は「東進ハイスクール」と「東進衛星予備校」に分けられていますが、前者が直営校、後者がフランチャイズ校となっています。

 

どちらも映像授業を主体とした予備校で、受けられる授業もほとんど同じですが、「志望校対策講座」など一部の講座は東進衛星予備校では受けることができない場合がありますので注意しましょう。

 

東進は日本全国に校舎を設置しており、その多くはJRなどの公共交通機関からのアクセスが良好な立地となっています。

 

 

種別 予備校
指導形式 集団
学費 入学金:32,400円
授業料:75,600円(単科90分×20回)
単元ジャンル別演習講座:100,440円
校舎 全国
メリット 自習室完備、体験授業
公式サイト 東進

 

また、東進と同様のメリットがある予備校について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

自習室完備 準備中
体験授業 体験授業を実施している医学部予備校

東進の特徴

最強カリスマ講師の授業を全国どこでも受けられる

東進の講師陣は、人気参考書執筆者をはじめとして、何万人もの合格者を輩出したエキスパートで構成されています。

 

例えば、「いつやるか、今でしょ」などの名言で有名な林 修先生、熱い講義を展開することで有名な吉野 敬介先生など名実ともにカリスマ講師となった実力者ばかりです。

 

また、豊富な経験で培われた指導力も折り紙つきです。生徒がつまづきやすいポイントやその対処法を織り交ぜた授業や、「なぜ、そうなるのか」「どう考えればよいのか」本物の思考力を養うための授業を展開するため、大変分かりやすいと評判です。

 

さらに、東進は日本全国に校舎を設置していますので、全国どこでも最強のカリスマ講師による指導を受けることができます。

ITを活用した独自開発の最先端学習システム「t-Pod」

東進では、t-Podと呼んでいる独自開発の学習システムを利用することが可能です。システム内には、映像授業の受講のみならず、学力アップに繋がる東進の学習コンテンツが多数用意されています。

映像授業

東進が開いている約1万種類の講座を個別に受講することが可能で、自由な時間割を組めるため生徒一人ひとりのレベルや目標に合わせた学習が可能です。

 

また映像授業は1.5倍速で再生することが可能で、集中力や学習効率アップが期待できます。さらに自宅学習可のため、自分のスケジュールに合わせた学習プランを立てられます。

志望校別単元ジャンル演習講座

AI(人工知能)が生徒一人ひとりの学力診断を行い、志望校に合格するために必要な学習項目を「単元」と「ジャンル」毎に優先順位を付けて提示するシステムです。このシステムを利用することで受験科目の総得点を最大化することが可能になります。

 

また、提案される問題は10万問以上と豊富で、一流講師陣による解説授業のサポートも入りますので、一つ一つの内容を深く理解することが可能になります。

 

さらに東進では、習慣化を後押しする「合格設計図実行システム」というコンテンツを用意しています。これは合格設計図で設定した時間割に応じて自動的に受講予約が進むシステムとなっており、毎週同じペースで受講を進めることにより高速学習を自然に習慣化することができます。

「熱誠指導」でモチベーションを高める担任制

担任制を採用している東進では、担任及び担任助手による3種類の熱誠指導を行うことで生徒のモチベーションを高めます。

合格指導面談

生徒と担任が一対一で面談し、受講状況や模試結果を基づく合格設計図の確認・修正や志望校決定を行います。

グループミーティング

担任助手指導のもとで生徒5~6人がグループとなって1週間の学習計画を全員で共有し、励まし合うことでモチベーションアップを図ります。

コーチングタイム

担任・担任助手が生徒一人ひとりに対して学習進捗の確認・今後の学習内容の指導を行い、生徒のモチベーションアップや計画・実行の習慣化を図ります。

合格までサポートする学習管理システム「学力POS」

東進では、学力POS(Point of Study)と呼んでいる学習管理システムを利用することができます。このシステムでは、ネット上で確認テストや講座修了判定テストを受験できたり、模試の成績を閲覧することができます。

 

また、東進の所有するパソコンだけでなく、生徒の所有するスマートフォンやパソコンからでもシステムを利用可能ですので、校舎へ行くことができない場合でも、自宅にて勉強を進められます。

 

さらに、同システムを通じて登校状況や受講進捗状況、模試の結果を保護者も閲覧できますので、子供の学習状況を把握でき、保護者も安心して指導を任せることができます。

現役合格メソッドに基づき開発した「英語学習アプリ」

東進では、スマートフォンやタブレットで利用可能な英語学習アプリを無料で提供しています。このアプリでは、英単語の解説・例文の確認や単語テスト、音声聞き流し学習が可能で、大学入試で必要な英単語の95%以上を習得することができます。

 

また、このアプリは東進の「スモールステップ・パーフェクトマスター」と呼ばれるカリキュラムに基づいて作成されています。

 

スモールステップとは、その名の通り小さい階段を少しずつ上っていくように学習レベルを徐々に引き上げることで、東進では最速の学力アップ術という位置づけになっています。

 

パーフェクトマスターとは、授業で習った内容を確実に自分のものとするための学力アップ術であり、例えば確認テスト後に即採点して課題を克服させるサイクルを短期集中でこなしていきます。

 

さらに、このアプリは「学力POS」とも連携しているため、他の英語の学習状況と併せて管理していくことができます。

学力判定だけでなく学力を伸ばせる模試

東進の模試のレベルはセンター試験相当となっているものも多く、本番を想定した学力判定が可能となっています。また模試の結果に対しては、単元ジャンル分類に基づく詳細な学力分析を行うことができるので、学習の優先順位付けや学習計画の作成をすることができます。

 

さらに、模試後は重要な問題の解き方を指導する「合格指導解説授業」が実施されるので、模試では解けなかった問題も完全理解することができます。この授業は映像授業ですので、都合のついたタイミングで受講できる点が大変便利です。

 

加えて、模試後はウェブサイト「東進ドットコム」にて解答解説集や復習ツールが提供されるので、WEB場でチェックするようにしましょう。講評や今後の学習アドバイスなども公開されるので、模試の復習・苦手克服の対策を速やかに進めることができます。

 

以上のように、東進の模試は学力判定だけでなく、学習の優先順位付けや解説授業、復習ツールによる学力アップが図れるシステムとなっています。

2019年より最高レベルの医学部特進コースを開設

東進では、全国の国公立・私立大学医学部医学科を目指す現役生対象(各学年限定100名)とした医学部特進コースを開設しています。医学部コースならではの特徴には以下のようなものがあります。

医学部受験生のための専用講座

医学部受験のための講座も用意されています。医学部受験に出される問題は、基礎をもとにしていくつかの知識や解法を組み合わせて解いていくような問題が出題されます。

 

医学部特進コースの専用講座では、このような医学部でよく出題される問題や、その解法にあたって必要な考え方などをレクチャーしてくれるので、医学部入試対策も十分にできます。

医学部合宿やワークショップなどのイベント

全国のライバルと切磋琢磨できる環境やイベントが整っています。特に医学部合宿は「受験のターニングポイントとなった」を口を揃えて言うほど印象深いものとなっています。

 

1日14時間の勉強が課される厳しい合宿にはなりますが、最終日には「自分はここまでやったんだ」という大きな自信となります。普段顔を合わせない医学部志望のライバルと顔を合わせることで、より勉強のやる気も出るでしょう。

 

また顔を合わせるイベントのほかにも、医学部特進生がオンラインで集うホームルームなどもあり、受験情報の共有などをすることができます。

小論文・面接対策

医学部受験で重要となる小論文と面接の対策を、志望校別で実施しています。小論文では思考力や判断力、表現力を鍛えることにフォーカスした指導を行っています。一方で面接は、受験生本人が納得いくまで個別に大学別対策の指導をみっちりしてくれます。

 

さらに受験生の成績や科目の得意不得意から、最も合格可能性が高い志望校を指導してくれたりと、医学部受験に必要なサポートは基本的になんでも対応してくれます。

185大学・最大25年分の過去問を無料で閲覧できる

東進では、185の国公立・私立大学における最大25年分の過去問を無料で閲覧できるデータベースを提供しています。センター試験24年分の大学入試センター試験だけでなく、国公立大学個別試験や私立大学の問題・解答を掲載していますので、自分の志望校の過去問を見ることが可能です。

 

さらに、データベースを利用するための会員登録や閲覧は全て無料となっていますので、納得のいくまで活用することができます。

 

なお、このデータベースは利用規約に同意のうえで会員登録すれば東進生でなくても閲覧可能ですので、東進の入会の判断材料の一つとして試しに閲覧してみてもよいかもしれません。

 

東進の合格実績

東進の2019年の医学部合格実績は以下の通りです。

国公立大学

北海道、東北地方

東北大学27人、北海道大学18人、札幌医科大学28人、弘前大学16人、秋田大学6人、山形大学14人、旭川医科大学11人、福島県立医科大学12人

関東地方

東京大学47人、東京医科歯科大学29人、千葉大学20人、横浜市立大学12人、筑波大学25人、群馬大学9人、防衛医科大学46人

中部、北陸地方

名古屋大学16人、金沢大学18人、名古屋市立大学8人、三重大学26人、信州大学6人、富山大学11人、浜松医科大学14人、岐阜大学23人、山梨大学12人、新潟大学12人、福井大学9人

関西地方

京都大学15人、大阪大学19人、奈良県立医科大学10人、神戸大学15人、京都府立医科大学9人、大阪市立大学10人、和歌山県立医科大学5人、滋賀医科大学7人

中国、九州、沖縄地方

九州大学17人、広島大学13人、長崎大学8人、熊本大学12人、山口大学16人、大分大学16人、愛媛大学23人、宮崎大学12人、鹿児島大学15人、徳島大学20人、岡山大学19人、鳥取大学10人、香川大学10人、高知大学6人、島根大学8人、琉球大学8人、佐賀大学22人

私立大学

北海道、東北地方

東北医科薬科大学4人、岩手医科大学2人

関東地方

慶應義塾大学45人、東京慈恵会医科大学35人、順天堂大学52人、日本医科大学28人、自治医科大学18人、昭和大学32人、東京医科大学14人、国際医療福祉大学32人、東邦大学21人、日本大学11人、杏林大学11人、東京女子医科大学14人、帝京大学16人、聖マリアンナ医科大学6人、北里大学18人、獨協医科大学4人、埼玉医科大学3人

中部、北陸地方

愛知医科大学14人、藤田医科大学19人、東海大学7人、金沢医科大学4人

関西地方

大阪医科大学12人、関西医科大学16人、近畿大学9人、兵庫医科大学13人

中国、九州、沖縄地方

産業医科大学9人、久留米大学9人、福岡大学7人、川崎医科大学5人

東進の学費、料金

東進の学費は以下の通りで、選択する講座数や志望校のタイプによって変動します。

通期講座

学費名 金額
入学金 32,400円
単科受講料(90分×20回) 75,600円
高等学校対応 理科基礎(90分×15回) 56,700円

講習講座単科

学費名 金額
90分×5回、講座修了判定テスト1回 18,900円
90分×10回、講座修了判定テスト1回 37,800円

模試受験料

学費名 金額
高3生・高卒生 25,920円
高2生 12,960円
高1生・高0生 10,800円

志望校対策特別講座(受験学年対象)

学費名 金額
講座受講料(授業90分×5回、添削指導5回) 37,800円
大学対策講座(授業90分×5回、講座修了判定テスト1回) 18,900円
大学別演習講座(授業90分×10回、講座修了判定テスト1回、英語のみ) 37,800円
入試直前まとめ講座(授業90分×5回、講座修了判定テスト1回) 18,900円
直前必勝講座(授業90分×2回、直前必勝教材つき) 7,560円

過去問演習講座(受験学年対象)

学費名 金額
国公立二次対策(採点・添削・解説授業) 100,440円
国公立二次対策(採点・添削) 55,080円
私大対策(採点・添削・解説授業) 88,560円
私大対策(採点・解説授業) 83,160円
私大対策(採点) 37,800円
併願校対策 37,800円
私大併願対策 83,160円

単元ジャンル別演習講座

学費名 金額
講座受講料 100,440円

 

以上のように、東進では授業料の他、過去問演習講座や単元ジャンル別講座など様々なコンテンツが用意されています。自分の必要に応じて、好きな講座を受けていくことになります。

 

苦手科目のみをピンポイントで受けるような場合は授業料が安くなりますが、多くの講座を受講すると、総額は一般的な予備校と比較して高めの費用総額になってきます。

 

また、全国にあるそのほかの医学部予備校・家庭教師会社について知りたい方は、下のリンクを参考にしてください。

 

関東エリア 東京渋谷)、神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
関西エリア 大阪兵庫京都奈良滋賀和歌山
北海道・東北エリア 宮城北海道青森岩手秋田山形福島
中部・北陸エリア 名古屋静岡三重山梨長野岐阜新潟石川富山福井
中国・四国エリア 広島岡山山口鳥取島根香川愛媛徳島高知
九州・沖縄エリア 福岡長崎佐賀大分鹿児島熊本宮崎沖縄

 

さらに、他のおすすめの医学部予備校を知りたいという方は、「【医学部予備校おすすめ人気ランキング】合格するための予備校の選び方」も参考にしてください。

医学部予備校ランキング!合格するための予備校の選び方
【医学部予備校おすすめ人気ランキング】合格するための予備校の選び方
2019-11-25 16:51
合格するための医学部予備校の選び方 近年の医学部受験ブームにあやかって、日本には大手から中小まで数多くの医学部予備校が存在しています。特に東京や大阪などの都心部には医学部予備校が多...

 

医学部予備校を探す
個別指導 少人数指導 学費安い
推薦対策 再受験対策 編入対策
体験授業 寮完備

東進の口コミや評判

当サイトでは東進の口コミや評判を大募集しています。お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

口コミ一覧

総合評価
★★★★★ ★★★★★ 3.9
コメント 8件
  1. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924

    • ニックネーム: ランディー
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 東京医科大学 医学部
    • 塾に通っていた時期: 浪人
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 新宿校
    • 医学部予備校の評価: 4
    • 医学部予備校のメリット: 映像での授業だったので、先生の授業が分かりやすかった。自分のペースで進められることができたのでとても良かった。一人で黙々とパソコンをみてやるので、人と絡まなくてできたので、やりやすかった。それなりサポートが良かった。
    • 医学部予備校のデメリット: 料金が少し高かった。意外と強制的に課題をやらせることがあった。後は無理やり受けたくない模試を受けさせられた。生授業と映像授業を織り交ぜて教えられたが、統一して欲しかった。
  2. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924#comment-32

    • ニックネーム: ずがいこつ
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 東京医科大学 医学部
    • 塾に通っていた時期: その他
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 金宝町校
    • 医学部予備校の評価: 4
    • 医学部予備校のメリット: 自分のペースでできるから、できる人ややりたい人はどんどん進められる。レベルに分かれた模試が沢山あって、目指しているところと自分のレベルがどのくらい離れているかをしっかりと把握することができる。自習室を結構使っていたが、静かで快適だった。
    • 医学部予備校のデメリット: あまり興味なかったり、やりたくない場合あまり進めることができない。大学生のチューターが地理柄仕方ないが、あまり頭が良くなかった。質問してもあまり答えられなかった。授業を入れる時間が決められていて、自分の生活リズムに合わせて授業を組むことができない。もう少し復習をしてから授業を進めたいときでも、決まっているときに授業を受けなければならない。フレキシブルさがない。家でも授業受けられるため、校舎にいくよりも家で勉強する方が良い場合がある。
  3. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924

    • ニックネーム: たく
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 順天堂大学 医学部
    • 塾に通っていた時期: 高3
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 池袋
    • 医学部予備校の評価: 4
    • 医学部予備校のメリット: 基本的には良い授業だと思った。副担任の人もいい人で、勉強の相談以外にもプライベートな相談に乗ってくれた。空調がしっかりきいた綺麗な自習室なので快適に勉強を進めることができた。自分の進路に合わせて、しっかりと授業を提案してくれるので、学習効率よく勉強を進められたとおもう。
    • 医学部予備校のデメリット: 特に無いが、強いて言えば副担任の人に医学部受験に詳しい人がもっといたらいいと思った。また、ミーティングの時間が自分には合わなかったので、その時間を勉強に当てられたらもっと効率よく勉強できたとおもう。
  4. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924#comment-39

    • ニックネーム: 妹紅大好きマン
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 山梨大医学部医学科
    • 塾に通っていた時期: 高3
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 木更津大和校
    • 医学部予備校の評価: 4
    • 医学部予備校のメリット: 映像授業ならではですが、何度も映像授業を見返し復習することができるので定着しやすいと感じました。また映像を見てもわからないところは大学生や先生に質問できるので映像でも特に問題なく勉強できました。交流の面では他の高校や浪人生との交遊もあるので楽しく通えました。
    • 医学部予備校のデメリット: 映像授業にしてはやや金額高めだと感じました。また映像授業なので自分のペースでできるのがメリットでもありますが、サボろうと思えばサボれてしまうので自己管理ができない人には向いていないと思いました。
  5. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924#comment-40

    • ニックネーム: けん
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 順天堂
    • 塾に通っていた時期: 高2
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 新宿
    • 医学部予備校の評価: 3
    • 医学部予備校のメリット: 有名な先生や、医学部に特化した先生の授業を受けることができたため、そこの部分は凄いよかった。校舎も綺麗で、自習室や学習環境は申し分なかった。料金も他の医学部専門予備校に比べて安かったとおもう。チューターの対応も丁寧で、受験が辛くなったときに相談に乗ってくれたのでよかった。
    • 医学部予備校のデメリット: 今となれば、必要ない講座も取らされていたかなと思った。医学部に必要だからという理由で、幅広く授業を取らされていたが、もっと基礎からじっくりやっていれば上の大学も目指せたのではないかと思った。
  6. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924

    • ニックネーム: SS
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 日本大学医学部
    • 塾に通っていた時期: 高3
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 新宿
    • 医学部予備校の評価: 3
    • 医学部予備校のメリット: やはり授業の内容が分かりやすく、段取りがスムーズに進んでいたので気持ちよく受験勉強ができていました。友人と成績を競ったり、答え合わせをして自分たちで問題を解くなど、受験生時代は楽しかったです。
    • 医学部予備校のデメリット: 最初は学校と予備校で教え方が違ったので少し戸惑っていました。東進ハイスクールということもあって、有名な講師の方々がいらっしゃいました。そのさいにやはり有名講師の授業となると大勢の受験生がかけつけたり、その講師の授業が受けられないこともあったのがデメリットでした。
  7. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924#comment-68

    • ニックネーム: CM
    • 性別: 女性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 北里大学医学部
    • 塾に通っていた時期: 高3
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 新宿
    • 医学部予備校の評価: 4
    • 医学部予備校のメリット: 東進ハイスクールは有名な予備校なので安心して入学しました。そして有名な講師の方々も多くいらっしゃるのでわかりやすい授業内容でとても面白く受験勉強ができておりました。進学先の相談も丁寧に聞いてくれて嬉しかったです。
    • 医学部予備校のデメリット: 有名な講師ですと生徒が普段満席なので授業中騒いだりうるさかったこともありました。また有名講師なので授業が受けられない時もあるため、違う講師の授業をとることもありました。その際にやはり教え方に違いがあり若干不満でした。
  8. 匿名 より:

    https://igakubu-pro.net/924#comment-69

    • ニックネーム: ON
    • 性別: 男性
    • 在籍大学または出身大学、学部名: 慶應大学医学部
    • 塾に通っていた時期: 高3
    • 通っていた医学部予備校の教室名: 新宿
    • 医学部予備校の評価: 5
    • 医学部予備校のメリット: 有名な予備校だったので自習室などの設備が綺麗に備わっておりとても快適に受験勉強ができておりました。有名な講師の方々の授業はやはり格別で、問題を解いていくにつれて自分のレベルが上がっていくのが目に見えるように明確だったので嬉しかったです。
    • 医学部予備校のデメリット: おもに夏季講習や冬季講習についてですが、やはり有名な講師であればあるほど人気があります。そのため、その講師の講習が取れないこともあるので授業を受けることができない時もありました。そこはデメリットだと思います。
口コミを投稿する
コメントを残す

                   

おすすめ記事

  • 四谷メディカル_アイキャッチ
    【医学部予備校四谷メディカル】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • 池袋理数セミナー_アイキャッチ
    【医学部予備校池袋理数セミナー】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • 医学部予備校YMS_アイキャッチ
    【医学部予備校YMS】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • 山梨予備校_医学部予備校アイキャッチ
    【山梨予備校】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • メディカルロード_医学部予備校アイキャッチ
    【医学部予備校メディカルロード】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!
  • リテイク名古屋_アイキャッチ
    【医学部予備校リテイク名古屋(旧ドリーム愛知)】特徴/口コミ/評判、料金/合格実績をチェック!